車の事故は、事故と他人が関わった事故がございます。80-12-42

自分だけの事故の場合は、自分自身が対応をすることで完了となりますが、別の人に迷惑をかけた自動車事故はどちら側にどの割合で落ち度があるのかをチェックしてこの結果によって乗用車の修理費や和解金等が確定しますので、自動車保険会社の担当者と一緒の話し合いが必要となります。80-5-42

普通の事故のケースで、各々に落ち度がある時が多数で片方のミスを問うという場合は少ないです。80-18-42

もちろん赤信号無視や一時停止を無視したなどの交通違反によって起きた事故は多大な責任がありますが、被害を受けた人にも責任があったと言われます。80-16-42

自動車での事故のケースではどの車の責任で起こったかという判断がとても重要なポイントになるのでその判断を数字で示したのが「過失割合」(過失割合)となります。80-11-42

例えば、先ほど述べた信号を無視してしまったり一旦停止無視ケースでは、道路交通法上事故を起こした側に10割手落ちがあると考えますがその状況で事故を起こした車が対面から近づいてきて見てチェックできた時だとすると被害者側も注意が足りないと1割程度のミスが認定されるかもしれません。80-15-42

その状況では事故を起こした方が9割事故に巻き込まれた自分が1割過失となってしまい間違いが大きな方に手落ちが問われたりします。80-17-42

そして車の事故の過失割合は昔の事故の判例を基準に決定される時が大いにあり日弁連の交通事故相談センターから発表されている基準となる表などがものさしとして使われます。80-6-42

この過失割合で、割合が大きければ大きいほど過失、結果的に賠償しなければいけない額も大きくなると判断されるので、交渉は事故当事者だけでなく自動車の保険の係りの人を交え落ち着いてやり取りすることが大切です。80-20-42

80-7-42

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.
80-9-42 80-4-42 80-8-42