不意に起こるのが車の事故です。全身脱毛 池袋

その状況で何をどうやって行動した結果により、保険金の支払額も変化する場面も予測できますので正確な決断力と行動力が重要です。リプロスキン

考えもしない出来事で冷静さを失ってしまったとしたら大切な事を忘れてしまいこの先自分自身がとても大きな損を負わされる時も予測できるので自動車の事故を起こした場面では冷静に以下の処理を行います。コンブチャクレンズ

交通事故を起こした場合に一番にする事は負傷者の状況の確認です。アルバニア ホワイトニングクリーム

交通事故後は訳が分からず呆然としてしまう状況がありなかなか行動できないのが当然です。

ですので、負傷者がいたならば安全が確認されたところに移して処置して、周りに助けを呼ぶ等して負傷者の最優先を心掛けましょう。

119番に連絡する状況では適切な位置を伝えて、分かりにくい場所では周りの目を引く学校や交差点名を伝えて事故の位置が分かってもらえるようにします。

次に110番へ知らせ、自動車の事故が発生したことまた様子を連絡します。

救急車とパトカーの到着を待っている間に事故相手の身元を聞きます。

名前、TEL番免許証番号、事故の相手の方の保険会社名と言った各々の情報を交換します。

その時相手方にミスが存在する状態ではそこで結論を出そうとする場面がよくありますがその場所で解決するのではなくどんな状況であっても警察署や保険屋さんに届け出て公平に調査してもらうことが重要です。

互いの身元を伝えたら他の車のさまたげになることをやめるために邪魔な物を道路から取り除きます。

仮に障害となった物が他人の障害になっている状況なら情報を交換する以前にその対応を行ってしまっても構いません。

ここで自分の掛金を支払っている保険会社に連絡を入れて、車の事故が起きた事を報告します。

自動車での事故から一定の時間内に自動車保険の会社に電話しておかないと、車での事故の保険の適用除外とされる場合も想定されますのでできるだけすぐに連絡することが必要不可欠です。

出来たら事故の証拠になるように、携帯電話のカメラなどで事故や乗用車の破損の状態の写真を撮ります。

その証拠写真は落ち度の割合決める時に大きな証拠とできるので自分の車や相手のクルマの破損を的確に証拠写真として残しておくことが重要です。

この場面で第三者がいれば警官や自動車保険会社の人が駆けつけるまでその場にそのままいてもらうよう依頼するのも大事です。

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.