自動車重量税、略して重量税という税金は国産メーカーの自動車もしくは海外の車という愛車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、1BOX車など車体も全て同じで、たとえばミツビシや等でも変わりなく負担義務を課せられているもののことをいいます。新車登録をする際、もしくは定期車検の場合に納税が必要になる税です。その支払額は愛車の重量によって決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は全然異なる概念です。きちんと理解をして間違えないようにしなければなりません。「自動車重量税は自動車の大きさにより」「自動車税というものはリッター数により」その金額が違います。それにより、引き取りする場合の対応も変わりますから、注意しましょう。自動車を手放すときには支払った車の重量税がいくら残っていたとしても、その税金が還ってくるようなことはないです。一方で自動車税の場合は既に支払った残存税額を買取金額に足してくれるといったことがありますが重量税の時は足されるという事例はあまりありません。重量税というのは、売却時に納付済みの税金が残存していると言っても車の買い取り専門業者にてそのことが考慮されるケースはほとんどないのです。なのでその次の支払い、要は次の車検まで処分を少し待ち買い取ってもらうのがベストと思います。自動車引き取り時は考慮されない重量税ですが一定の条件の事例だと還付していただける可能性があります。これに当てはまるのは車検期間が残ったままの愛車を廃車処理する場合。要するに抹消登録をした際に、残っている期間に応じて金額が返ってきます。ただ、車の売却の際はその自動車が廃車になるわけではないので返金されません。そして、車の名義の変更をしたケースや、盗難にあった場合も返還してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある自動車を売却するというのは、車検の効力が残っている自動車ということになります。そのことを買取店も忖度しますので自動車重量税が残存していれば査定額が上がるはずです。当たり前ですが、買取金額は店により違ってきますが、車検が残っていることを考慮していただければ売却する自動車の買取額と比べるとそんなに損をするということもありません。

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.