《全損》とは名称が示すとおり車の全機能が故障した場合、つまり走行が出来ないような車としての働きを果たさなくなった時に用いられますが、車の保険で定義されている(全損)は少し異なる意味が含まれています。車の保険の場合では自動車が損害を受けた時には【全損と分損】というように区別され、《分損》は修理の費用が補償内でおさまる場面を表し、逆に【全損】とは修復の費用が補償金の額を超えるケースを表します。自動車の修理で全損という状況では車の最重要のエンジンに決定的な破損があったり、車のフレームが変形して修理が不可能である為、リユースか廃棄と判断されるのが通常です。交通事故で修理業者や保険会社がかかる修理費を見積もりした状態で、いくら見た感じがちゃんとしていて元に戻すことが可能である場面でも修復のお金が保険額よりも大きければ何を目的として乗用車の保険お金を支払っているのか分からないです。そのような状況では【全損】と判定して愛車の所有権を保険会社へ譲り補償金額を支払ってもらうことになっています。当たり前の事ながら長い間運転した自動車でこだわりがあり、自分のポケットマネーで修復をしてでも使いたいと希望する車の所持者いくらでも存在するのでケースにおいて自動車の保険屋さんと確認しあうといいかもしれません。もっといえば、自動車の保険の中にはこういった場面のために特約など【全損】の際に特約つけているところがいっぱりあり不幸にも車が『全損』なったケースでも新規購入など代金を一定分もってくれるケースも実在します。盗難にあった時の保険金の特約をつけているならば、盗まれたマイカーが発見されないケースでも《全損》の扱いとなり補償金が払われることになります。

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.