為替の介入というのは知っていますか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、テレビのニュースネットのニュースでご覧になった人もたくさんいるでしょう。そもそも為替介入(外国為替平衡操作)というものは日本では、・大臣(財務大臣)円の相場の安定化を実現できるように遂行する方法ということで見なされています。簡潔に言うと、急激な円高や円安になった際に財務大臣の用命に従って中央銀行である日銀が円の売り買いをして為替相場を安定させる、といったものです。為替介入(外国為替市場介入)にはいくつかやり方があります。1.単独介入・・・政府機関・中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で自主的に市場に参加して為替の介入を行なう。2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談したうえそれぞれの銀行などが持ち金を用いて同時もしくは随時外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。3.委託介入・・・海外の通貨当局に為替介入を委託する。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の通貨当局に代わり為替介入をする。以上のような種類があるのです。いずれの方法の為替の介入も短期に、もしくは当面市場に多くの影響を与えることになります。為替介入の額は当たり前ですが誇りをかけて行なうのですからスケールが違うのです。円を元にして例えると、普段はほんの少し動いている円相場が突発的にかなり動きをします。個人投資家の人ならば過去に体験したことがあると考えますが、これまでスムーズに含み益(あるいは含み損)が多くなっているポジションを保持していたにもかかわらず、持続している持ち高が決済したとのことで報告が外為の会社の発信でEメールが届き。いくら得になったのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済の状況を見たら、自ら予想していた事と真逆の状況でびっくりしたとのケースがあったのです。介入が行なわれるとよくあることです。以上のように為替介入(外国為替市場介入)が行なわれることで市場の動向とまったく逆の動向をすることがわかります。それだけでなく動く金の幅はでかく動くため用心しましょう。

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.