自動車を持つあなたでしたら分かっていると思いますが、自動車税という税金が徴収されます。そしてこの税金は、査定に出す車の買い取りの際に普通に返還されるのです。このような事は現実に自分でやるとすぐ理解できますが、それでははじめから流れを出来るだけわかりやすく案内していきます。記載しておけば国内のメーカーのクルマに限らずイタリア車などでも自動車税が返還される範囲になっています。もちろん所有車についても当てはまります。自動車税という税金はクルマを持つ人が支払い義務を負う税金ですがそれぞれの排気量毎に決定されます。1リッター以下なら29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円です。その後は500ccごとに5000円ずつ増加します。このお金は4月1日時点のオーナーが今年度のお金を支払うことになります。事前納付ということなので当然車を買取してもらってオーナーでなくなったケースはその分のお金は返還されるというわけです。自動車税は前払いで以後一年分の金額を納付するから年度内にクルマを手放した場合には新しい所有者がお金を納めなければいけないということになります。売却先が買取専門業者であれば売却した際に所有者が先払いしている分の税額を返してくれます。つまり所有権を手放した時からの税金は、新たな保有者が払わなければなりません。例えば自分が10月中に車を手放したなら11月から翌年3月までの自動車税は還ってくるのです。それは、前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先に支払っているということからも明らかです。ということは、前オーナーは買い取った相手に税金を返還してもらうということです。個人的に自動車を売買する際に意外とこのような大事なことを忘れている人がいますためきっちり確認するようにしましょう。自動車税という税金は自動車を売却すると戻ってくるという事実をほとんど知っている人が少ない事をいいことに、そのことを悪用する悪質業者もあるのです。自分から自動車税について言わなければ、全然返金のことに関して言わないという場面もたびたび聞かれます。ですので愛車の買取をする時には税金が返還されるか否かを聞くことを忘れないようにしなければなりません。

Copyright © 2002 www.drkontra.net All Rights Reserved.